スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

XSIめも_002 【 トゥーン!マテリアル編 】 

makoto3d0918_2s
マテリアルがわかんねえええええ!しかもレタッチしちゃってるYO!

メタセコですら、マテリアルの設定が苦手です。
だってトゥーンレンダリングしかしないから。
だいたいのテカテカ感と、あとは色が出てればいいや、程度の設定…
設定ってレベルじゃねえ。

XSIでも基本トゥーンでいきたいわけなのですが、
色つけてー、テカテカにしてー、程度ではXSI様は言うこと聞いて
くれません。最初の1日はテクスチャすら表示できなかったYO!

【 トゥーン!マテリアル編 】 (例によって全力でチラ裏)
べらぼうに設定できる項目があって吐きそうおえええええ!
と思ったけど、いろいろと試行錯誤するのはかなり楽しいかも。
基本的なことは覚えないといけないけど、あとは感覚、かなー。
このトリアタマでは全部覚えられる筈もないし。

CoralOcean様に非常に丁寧な解説がありました。
メタセコでもお世話になりっぱなしのサイト様。
ShrinkWrapとか! NormalMoveCmdとか! FattyPolygonとか!
これらなしではもうメタセコできません。感謝です。ネ申。


さて本題のマテリアル。
2005/10/07の『XSIでToonレンダリング・1』からの記事で勉強させて
いただきました。足向けて寝られませんmjd。

基本はこんな感じに組んで、必要に応じてアレンジすることに。
makoto3d_baseMat0918


以上を踏まえて、まずは肌のマテリアル。
makoto3d_skinMat0918s

■ベース部分
 ・今回はアイマスキャラなので、原作に似せてベースのグラデーション
  はシンプル&くっきりめに。
■ハイライト(肩とか腕の)
 1.肌ハイライト用ライトを用意して、キャラの後ろから照らす
  (排他的にして肌のみに適用するようにしたほうがいいかも?)
 2.インシデンスで、1のハイライト用のライトを指定
 3.グラデーションノードでハイライトの出方を調節
 4.肌のベースにスクリーンモードで合成
としました。


次に髪の毛マテリアル。
makoto3d_hearMat0918s

■ベース部分
 ・肌と同じくクッキリめのグラデーションで。
  紫のグラデにしてるのは、テクスチャの色調整のため。
  (テクスチャ直せよ)
■ハイライト(髪全体の)
 ・こちらも肌同様にハイライト用のライトを設置、インシデンスに
  指定。グラデをつけてスクリーンで合成。
■天使の輪
 CoralOcean様 2005/11/10の記事と、
 Sakana-Ya様 2006/10/12の記事
 を参考にさせていただいたのだけど、なんか微妙…。
 やってみた手順は、
  1.天使の輪テクスチャ用のテクスチャサポート(円柱)を作成
  2.ベース同様に天使の輪の影のグラデーションを作成
   (ベースの影部分は天使の輪も暗くなるように)
  3.ベース+ハイライトに加算 限界で合成。
 じぶんめも:
  ・天使の輪テクスチャの下のインシデンス→グラデは不要。
  ・2も合成方法を変えればたぶん不要。


メインの2Dではフォトショップを使っているので、乗算とかスクリーン
とかは結果が想像できるのだけど、加算限界ってワカンネ(・△・)
俺の脳みそが限界突破。煙でそうです。

長くなったので輪郭線は別記事で。
関連記事
[ 2008/09/19 18:10 ] XSI | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

※スパム対策のため『http://』をNG設定にしています。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bigbenedge.blog43.fc2.com/tb.php/32-95435169


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。