スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

XSIめも_003 【 トゥーン!インク編 】 

makoto3d092
真Mk-2 ver.Wa (腋強化版)

腋だろ腋。
アイマスのワキは非常にきれいです。破綻せずにエロ きれい。
俺もエロ 美しい腋を目指しちゃうぜ!とがんばってみたけど、どうだろ。
仮で骨を入れてみて、それからまた調整かしら。
腋は非常に可動範囲が広い部分で、なおかつ美しさも要求される部分。
股もそう。すごいむずかしい。
いまの自分の技術では、きれいにポリゴン割ったぜ = きれいに変形するぜ
ではない。UMEeeeeeeひとたちのポリ割りがみたいです…。


で、前回の【トゥーン!マテリアル編】の続き。
今日はインク、つまり輪郭線です。
XSIではなんでインクっていうんだろうか?
輪郭線とかエッジ、っていうほうがしっくりくるけど、自分だけかな。

まあとにかくインク。

【 トゥーン!インク編 】全力でチラ裏。

今回もCoralOcean様にお世話になりました。
参考にさせていただいたのは2006/06/14の「ToonInkの制御・基本編」以降。

まとめると、
 1.カメラのレンズシェーダにToon_Ink_Lensを登録。
 2.オブジェクト(マテリアル?)ごとにインクを設定するために、各マテリアルに
  ToonHostノードを接続。
以上。チラ裏だから詳細な手順は省略。

メインでいじるところは、

■Toon_Ink_Lens
 【基本の外観】
   ・タブのスプレッド(線の太さ)
   ・カラと合成(ToonHostで設定した方がいいかも?)
 【サンプリング】タブ <ここが重要みたい>
   ・サンプル(自分のモデルなら10でもそんな重くないかも)
   ・境界の環境/マテリアル/オブジェクト
   ・しきい値(下げすぎると余計な線まで描画しちゃうみたい)
 
 とりあえずこれくらい設定しておけば大丈夫みたい。
 トレース(レイトレ深度ぽいものみたい)、境界のオブジェクト・ファセットは
 自分には不要そうなので無視。

■各マテリアルのToonHost
 【インク】タブ
   ・境界(もちろんToon_Ink_lensの設定より優先される)
   ・オーバーライド(マテリアルごとに輪郭線の色と合成モードを指定したい
    場合はこれを使うのがいいみたい)
 【継ぎ目】
   ・グループ(同グループには輪郭線を引かない) Warabiと同じ

 ToonPaint&Hostにすると、ハイライトとリムライトのタブが追加されてる。
 髪と肌のマテリアルにはなんとなく使ってみたのだけど、ちゃんとシェーダを
 組めば要らないかも。

今のところ使うのはこれくらい。
基本2Dな人間としては、つけペンで最後力を抜くようなラインが理想的。
CelsViewだと稜線に関してはソレっぽくなるんだけど。
XSIでも扁平率とかいじればそれらしくなるのかなー。


輪郭線については公式ビデオも非常にわかりやすいです。
マテリアルごとに色を変えたりとか、いろいろできるみたい。
usamimi3d0923s
ウサミミゲスト出演記念。5期で復活祈願。おねがい♪(ポワワ)


眼球と肌とか、輪郭線を描画してほしくない場合は
・オブジェクトのマテリアルにToonHostノードをかまして境界をOff
もしくは
・マテリアルのグループ設定(↑でも書いたけど、Warabiと同じ)
にするといいみたい。今回は目と肌をグループ1に設定しました。
makoto3d_group0918


最後に、トゥーンインクについて是非読んでおきたい記事。
Softimage|XSI道場様初音ミク/XSIインクシェーダの正しい使い方
関連記事
[ 2008/09/23 22:55 ] XSI | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

※スパム対策のため『http://』をNG設定にしています。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bigbenedge.blog43.fc2.com/tb.php/34-58240bbd


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。