スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

MMDユーザーモデル作成めも 表情編 

ウサミミ仮面は無表情でよかった(というか表情がない)んだけど、真は!
真面目な真、無邪気スマイルな真、キュンキュンウィンクな真、トロな真、
はずせないだろjk。

【12/30追記】やっと書いた。
サンプルモデルって需要あるかな? 要望があればそのうち。
背景のしょんぼり柊邸は…使う人いねーだろうなあ(・◇・)

※メタセコ→PMDEditor→MMDで表情作成の自己流作業メモ。
 今回も全力でチラ裏。できなくっても責任取らないのでゴメンなさいよ。

また、この方法は顔と体が別オブジェクトであることが前提になってます。
そんなわけであんまし役に立たないかも。残念だけどこれチラ裏なのよね。
1212_0
【 自作モデルでMMD 】 表情編


手順は、
メタセコでモデル準備 → 顔と体で別々のPMDデータ準備 → 統合
て感じ。もっと簡単な方法あったら誰か教えて。

やっつけまとめ版 詳細は以下。


①Metasequoia+Keynoteでボーン・アンカー設定済みのモデルを準備

1229_01s
モデルは今回も真。フルボッコ上等(笑)
メタセコでのボーン・アンカーやモーフターゲット作成についてはググるべし。
慣れれば30分くらいで設定できちゃいます。
他のモデルに使いまわせるのがなんといってもありがたい。


ではPMDEditor用にx出力します。
今回はモーフさせる部分(顔)と体を別々に出力していきます。


②体をx出力

まず体。
モーフ変形させる顔のオブジェクトだけを削除して、あとは基本編と同様に
Keynote起動状態からDirectX with Animation (.x)で出力。
顔のアンカーはいらなさそうだけど、まあ頂点8つくらいだしそのまま。

1229_02-1s
スペルミスがはずかしい。
目は顔とは別に動かす必要があるので体といっしょに出力。
なにこのホラー。

1229_02-2s
ホラー出力。


④顔をx出力

次に顔。ここがメイン。

各表情をひとつづつx保存していきます。
PMDEditorの表情編集でPMDファイルを読み込んでいくので、表情分のPMDファイルが
必要なのです。(もっと簡単な方法あったら誰か…)

俺が注意したのは以下の3つ。

■注意1:  モーフターゲットはひとつのオブジェクトにする。

 Keynoteでは顔・眉毛・目・口、と別々にモーフさせてたんだけど、
 PMDで編集するときになんかうまくいかなかったような気がするので
 今回は 1つのオブジェクト にしました。
 こんなふうに、保存する表情だけ。 ボーンもアンカーも削除。
 1229_03s
 ホラーふたたび。

■注意2:  頂点番号を変えないこと

 まあ、当たり前。
 言うまでも無く、頂点番号が違っていると変形させたときに北斗神拳くらった人
 になっちゃうので注意。頂点の増減はもちろんのこと、コピペもダメぽい。
 俺の場合はモーフターゲット付きのモデルから、保存する表情のオブジェクト以外
 を残して他はすべて削除、という方法を取りました。
 おっと、ウッカリmqo形式で上書保存すんなYO!(←やらかしたらしい)
 1229_04s
 おまえはすでに死んでいる。


■注意3:  Keynoteを使わずにx出力

 当然ボーンとアンカーを消しちゃってるのでKeynoteは動かないんだけど。
 というか、ボーン&アンカー付きで出力したらうまくいかなかったから。
 1229_05s
 モルダーあなた疲れているのYO!


というわけで、メタセコの別名保存→Direct3D Retained Mode (.x)で保存。
名前は適当に。ちなみに俺は2バイトのファイル名はつけない主義です。
1229_06s


これでメタセコでの作業は終り。


⑤PMDEditorで表情だけのPMDファイルを作成

まず、各表情のxファイルをすべてPMDファイルに変換。(読み込んで保存するだけ)
1229_07s

あとは通常通り表情作成をしていけばいいだけ。

手順としては、
 ベース表情PMDファイルを開く
 1229_08s
  ↓
 メインウィンドウの【編集】→【表情】→【表情編集】で表情編集ウィンドウを表示。
 表情編集ウィンドウの【ファイル】→【モデルファイル読み込み】で各表情を読込み。
 1229_09s
  ↓
 ちゃんと変形しているのを確認したら、表情名などを変更しておく
 1229_10s

これで、表情のつく顔だけのPMDファイルができました。


⑥PMDEditorで体だけのPMDファイルを作成

基本編の4~7あたりを参照。


⑦顔と体を合体

あとは体と合体させるだけです。
⑤で作成した顔だけPMDファイルを開き、追加インポートから⑥で作成しておいた
体だけのPMDファイルを読み込みます。
1229_11s

顔に体を読み込む。逆ではなぜかうまく動いてくれなかった。
モーフ付きを読み込むのはできないのかなー?

ボーンタブを見ると、顔がセンターボーンになっていると思うので、これを変更。
顔のボーンを以下のようにリネーム
 ・ボーン名 : 顔(お好みで)
 ・ボーン種類 : 回転
 ・親 : 頭
 ・子 : 頭先
 ・影響IKボーン : なし
 ・ボーン座標 : 変更なし(0,0,0のまま)
1229_12s


これにて完了!ひゃっほい!


⑧MMDで動かしてみる

1229_13
…まあ、こんなもんです。
関連記事
[ 2008/12/30 23:48 ] 自作モデルでMMD | TB(0) | CM(4)

ども

ネットの海を漂ってたら偶然流れ着きました。
…某所で質問したの俺です。丁寧にほんとにありがとう!
まだまだ時間は掛かりそうだけど頑張りますm(_ _)m
[ 2008/12/17 21:58 ] [ 編集 ]

わー!どうも!ネットの世界って狭いですね…。

こちらこそそんなお礼いいのに、丁寧にありがとう。
実は『エラそうに余計なこと書いちまったかなあ』などと
ビクビクしてたので、Ratさんのような方で本当によかった。

おたがい頑張りましょう~。
[ 2008/12/19 00:25 ] [ 編集 ]

ぎゃ~、真が…真の顔が…!
[ 2009/01/01 01:56 ] [ 編集 ]

真がすきなのに、どうしてこう真士を敵に回してしまうんだろう…
[ 2009/01/03 23:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

※スパム対策のため『http://』をNG設定にしています。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bigbenedge.blog43.fc2.com/tb.php/68-63750095


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。